出会いは孤独と倦怠感に千葉では満ちた

1888年に出会いで、彼は不眠症に苦しみ、偏心で目立つようになり、1889年に彼は麻酔薬を乱用しました。

彼はその年のパリ博覧会でエッフェル塔が嫌いで、それを見る必要がなかったので、塔の出会いで食事をしました。

彼は1891年に発狂し、1892年に自殺を試み、パリの16区であるパッシーの精神病院に入院しました。

1893年、彼は43歳で病院で亡くなり、モンパルナス墓地に埋葬されました。]

この作品を読んで印象に残ったのは、「ああ、確かに。このアイデアで死ぬ人もいるだろう」というものでした。

孤独と倦怠感に満ちた覚書です。生きる希望はありません。

出会い的なヒットは、私が古い手紙を読んだことです。主人公は、昔の友達、母親、恋人から受け取った手紙を読むと、とても寂しい思いをします。主人公は、もう世の中にいない友人である母親のことを考えて、深い悲しみを感じます。それから彼のピストルを使って彼の人生を終わらせてください。

芥川の作品のように、私はこの作品に共感できません。共感できない理由は単純です。「何があっても生き残る」「醜くて泥だらけでうんちだらけでも笑って生き残る」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です