千葉出会いが初夏にはあります

千葉出会いホタテガイ科の二年生植物、起源はメキシコです。初夏には、夕方に白い四枚の花びらの大きな花が開き、翌朝に萎んで赤黄色になります。

月見草にはspの感覚があります
(稲葉Re子)
月見草はらりと地球浦賀
(千葉出会い)
月見草が咲くまで
(山口A)
千葉 出会い

おやつ猫子光月見草
(横山富士子)
生きていけないが待つ人を待っている
(竹久夢二)

竹下夢二は、待ちに待った草を誤って待ち望まれた草と書いたようです。
しかし、キャットタウン(H原裕太郎)に咲く花であれば、それは「楽草」ではなく「まぐろ」だと思います。

千葉出会いは月見草です。
待っている草は黄色ですが、月見草は白い花です。
月見草が咲くと、独特の方法で開きます。夕暮れ時には、ブラシの先端のような芽が飛び出します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です